新プロジェクトのお知らせ

青空市場では、『青空市場×ローカルパイントーキョー』による新しいプロジェクトが始まりました。
人口減少や高齢化により、地域づくりの担い手という課題に直面している地方圏に於いて、一部では若者を中心に地方創生の取り組みが既に始まっています。
都心でマルシェを定期開催し、地方との交流する場にいる私たちに何ができるか?!
そこで、昨今の社会情勢や数十年先を鑑み、私たちは「関係人口」での関わりかたに着目しました。
移住した定住人口でもなく、観光にきた交流人口でもない、地域と多様に関わる「関係人口」。新しい言葉のようですが、誰もが持つ故郷(ふるさと)への思いをエッセンスとして生活の中に取り入れてみてはいかがではと思っています。
”食と農”に携わってきた私たちに出来ることを、これらかも発信してまいります。
既に、丸の内行幸マルシェでは「ローカルパイントーキョー」様による、広島県尾道市・呉市、熊本県南阿蘇村の農産物の販売による交流が始まっています。また、長野県小谷村を訪問し、新たなプロジェクトも進んでいます。
今後、追って、各地域との報告をニュースとしてご提案してまいりますので、是非、身近なところからご参加ください。
(青空市場)

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
丸の内行幸マルシェでのおすすめとして、丸の内ドットコムイベントページ・食育丸の内/丸の内シェフズクラブにてご紹介いただきました。

●広島県呉市(レモン)
広島県は、レモンの年間収穫全国シェア60%を占める国内最大のレモンの産地です。広島県呉市大崎下島の大長村(現在の豊町)は、100年以上も前の明治31年に日本で初めて栽培された”国産レモンの発祥の地”です。
大長村、現在の豊町は年間を通じて気温の変化が少なく、温暖な気候からミカンの産地としても古くから知られていました。雨量や風が少ないことからレモン栽培としての条件が揃っており、品質の良いレモンが多く栽培されています。
形が揃っていなかったり、キズがある規格外の農産物は流通できず、フードロスとなってしまう問題が生じます。その農産物を生産者から消費者へ直接に提供できるようにとのコンセプトで立ち上がったのが「NPO法人ローカル・パイン・トーキョー」。生産者から託された 大崎下島 のレモンは、農薬・化学肥料を使用していないので、安心して皮ごと食べることができます。β-カロテン、ビタミンC、カリウム、カルシウムは果汁の5~10倍も含まれていると云われていますので、皮ごと召し上がるのがおすすめです。

● 熊本県南阿蘇村産(アスパラガス)
熊本県南阿蘇村産の「アスパラガス」は、南阿蘇村湧水群の名水で育った甘くて栄養豊富な”阿蘇の特産野菜”です。涼しい夏に寒さが厳しい冬、さらに朝晩の寒暖の差も大きい阿蘇の気候は”九州の北海道”ともいわれています。定番の「グリーンアスパラガス」に、見かけることの少ない「紫アスパラガス」。どちらもアスパラギン酸、ルチン、葉酸、ビタミンA、C、E、B群等が含まれている栄養たっぷりな南阿蘇村自慢の野菜です。他、サツマイモの「紅はるか」も人気です。


・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

▲ページTOP